Bridal Photo Service EasterEgg

Corporate Site

Photographers Blog|ブログ

着付け藤原和彦 2017年03月24日

藤原です。

お支度風景、いいですよね。何がいいかと言いますと、着付けの先生方のお仕事ぶりが。超個人的ですが。

もちろんこれから仕上がる様子を撮影する撮影者の使命や、この現場に潜入したような感じの楽しみもありますが、婚礼フォト撮る身としては、この着付けの先生の手際の良さと、真剣な様子に思わず手を止め見惚れそうになります。とてもかっこいいなと。着物を型紙に見直すと、直線ばかりですから、それを曲線の多い女性に、ご本人にあった着付けで素早く仕上げていく工程は美しいと感じます。

思い出しましたが、ブライダルフォトグラファーは経験多いと思いますが、花嫁衣装の打掛を実際に着て、どのくらいの着用感なのかを体験したこともあります。帯に慣れないと一動作も動きが重くなり、ポージングも撮影者の思うようにはなかなか取ないこともあったりします。着付けの先生も、フォトグラファーも、その辺りに注意を配り、機敏に機敏にと動く現場です。

しかし着付けの先生は個性的な方も多く、お話しするとなかなか面白いんですよね。そういうところも、人間味が溢れていて、スキ!!!20170324FK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力してください。 *