Bridal Photo Service EasterEgg

Corporate Site

Photographers Blog|ブログ

ENJOY AGING笹倉猛見 2016年09月02日

本革アルバムの醍醐味の一つは、なんと言ってもエイジングにあるのでは無いかと個人的には強く強く思います。ただ、これも個人的に思うのは、その間メンテナンスをしっかりと継続して行かなければならないと言う事。もともとの革の種類、色や仕上げなどによって、メンテナンス方法も大きく異なって、それらには若干のノウハウも必要になりますが、でもまぁ、言うほど複雑なものでは無いというのが実感です。

革製品は天然素材ですから、どれほどの手間をかけてメンテナンスしても、僅かずつ変色や褪色、油抜け、吸排湿に伴う表面や内部のひび、折れなどを完全に防ぐことは困難です。むしろ、手入れを怠れば、それらの症状は早めに進行して、リカバリー不能な状態にまで至ってしまうこともあり得ます。

革製品は手入れが面倒そうだな。と思われる方でも、是非一度お手入れをしてみてください。なかなかな確率のかたがその楽しさに引き込まれると思います。

人は緩やかに変化するなにかに共鳴する生き物なのではないかなと私は時々考えます。自分の肌も手入れしなくちゃいけないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力してください。 *