Bridal Photo Service EasterEgg

Corporate Site

Photographers Blog|ブログ

手焼き写真でロケーションフォト笹倉猛見 2016年10月15日

来週のメインイベントの一つは、前回の洋装ロケに続いて、和装のロケーションフォトのサンプル撮り。しかも、デジタルだけで無くフィルムでの撮影、手焼きアルバムの展開も視野に入れてゆきます。

デジタルカメラとデータのもたらしてくれた利便性と自由度の高さは、画質、画素数、ダイナミックレンジの向上により、もはやフィルムで無ければならない理由はほとんど無い様にも思えます。

でも、どれほど写実性に優れた写真や3D技術、躍動感に溢れた動画が普及しようとも絵画や彫刻に心奪われる人が止まないように、フィルムの描き出す予定不調和な絵も、それらに勝るとも劣らない魅力を持っています。

事実上カメラと言えば、デジタルカメラを指すようになって約10年。当時5歳だった子供達が15歳。そう思いやればフィルムカメラを雑学的知識としてしか知らない若者がほとんどでしょう。

私達は、こうしたジェネレーションたちにフィルムカメラの本当のポテンシャルと、そのアナログならではの魅力を伝えてゆきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コードを入力してください。 *